ハーレーのパーツ フレーム

フレーム

自動車でもバイクでも共通していえることは、車体の剛性はとても大事だということです。剛性は人間でいうと骨、骨格なので、この部分に問題があるとすべての動きに支障をきたしてしまいます。自動車やバイクの場合は、フレームが車体の剛性を高める役割を担っています。大排気量のハーレーダビッドソンなどのバイクはボディが大きい分、剛性がしっかりしていないと、全体のバランスが崩れてしまい、最悪の場合は事故に繋がってしまいます。

バイクは2輪で構成されていて、高速で走行し、カーブを曲がり、停止を繰り返す乗り物です。なので、基本的には、ハンドルをニュートラルの位置にして、まっすぐに走行できなければフレームに問題があるということになります。中古でバイクを購入するときに気をつけたいのはここなのです。

他の部分はパーツ交換などで修理できたとしても、バイクの骨組みの部分に問題がある場合、そのバイクはもう安全に走行することはできないです。中古で人気が高いハーレーダビッドソン、HONDA、KAWASAKIなどのバイクを購入する場合は、見た目だけではなく、しっかりと安全に走行することができて、危険を察知したときに素早く、思い通りに操作できるのかを確かめた方が良いです。