ハーレーのハンドル回りのパーツ

ハーレーダビッドソンのハンドル周りを構成しているパーツを交換したり、カスタマイズしたりする場合は際は購入する前にサイズをしっかりと確認し、自分の車両に適合するものを購入しなければなりません。ハーレーダビッドソンが生まれたアメリカでは長さの単位はミリメートルやセンチメートルではなく、インチという単位が基本となっています。1インチとはミリメートルに換算すると25.4ミリメートルとなります。

そしてハーレーダビッドソンのハンドル回りを構成しているパーツもすべてインチ単位で製造されています。ですが、日本のオートバイはこういったパーツは22.2ミリメートルという規格で製造されているのです。グリップやスイッチボックス、ミラーマウントなども22.2ミリメートルで製造されているため、気に入った部品があってもハーレーダビッドソンには取り付けできないことが多々あるのです。

ハンドル

加工をすれば取り付けできないこともありませんが、取り付ける場所や部品によっては大掛かりな作業が必要となり、ショップに依頼するのであればさらに工賃が上乗せされてしまうこともあるのです。ですので、部品を購入するのであればその前に自分の車両に適合するかしっかりと確認しておかなければなりません。