カスタムに優れたハーレーとバーリー

ハーレーダビッドソンはカスタム性に優れているため、バーリーのような社外パーツを生産するメーカーも多数存在します。バーリーではサスペンションやシート、ハンドルバー、ケーブル類など様々なカスタムパーツを市販しています。ハーレーダビッドソンのオーナーは自分の好きなようにカスタムを加えることができます。サスペンションやシートなど比較的軽めの改造であれば、オーナー自ら行うことが可能です。

ボアアップやストロークアップによりエンジンのパワーアップを図る場合には、一定の技術力が求められます。ボアアップはシリンダーの内径を広げてより大きなピストンに交換する作業です。市販されているシリンダーとピストンのキットを使用する方法と、ボーリング加工によってシリンダーの内径を広げる方法があります。前者はある程度の技術力があればオーナー自ら行うことができます。後者の場合には専門業者に依頼することになります。

ハーレーダビッドソンのオートバイには大型の2気筒V型エンジンが搭載されており、加速性に優れています。ボアアップやストロークアップを行うことでさらに走行性能は高まります。エンジンの改造は高度な技術を必要としますが、サスペンションの交換などでも走行性能は変化します。自由に改造を加え、望んだ形を作り出すことができる点がハーレーダビッドソンの魅力です。

バーリー