ハーレーにパーツを取り付ける際の工具

ハーレーダビッドソンにカスタムを施す際、自分でパーツを取り付ける作業を行うのであれば、手持ちの工具サイズを良く確認してから作業をしなければなりません。もしもサイズの違った道具で作業をした場合、車体を破損してしまうこともあるのです。そもそもハーレーダビッドソンの本場アメリカと、日本とでは長さの基本単位が異なります。

工具

アメリカではインチやマイルなどの単位が一般的ですが日本ではミリメートルやキロメートルといった単位が一般的です。1インチはミリメートルに換算すると25.4ミリメートルとなり、ここに誤差が生じるため、ハーレーダビッドソンにカスタムを施したり、メンテナンスをしたりする際は工具のサイズに注意しなければなりません。

日曜大工などで使うものは、たいていのものがミリメートル、センチメートル単位で製造されているため、ハーレーダビッドソンを構成している各部品には適合しないのです。自分でカスタムやメンテナンスをしようとなると、こういった道具から揃えなければならないため、とても費用が掛かってしまいます。そして費用を掛けて集めた道具も日曜大工などでは使えないため、こういった点に注意しなければなりません。