ハーレーのパーツ・トランスミッション

ハーレーというと世界中のバイク好きをはじめ、バイクのことを良く知らない人でも一度はあの存在感のある車体にまたがってみたいと憧れを持つものです。迫力のあるエンジンサウンドと体中を包み込むようなトルク感はこのバイクでなくては味わえないものですし、ファッション性も高いためオシャレをするような感覚で乗っている人が多いことも事実です。

ハーレーのパーツにはトランスミッションと呼ばれる部分がありますが、これは変速機のことを指します。スポーツスター系はエンジンと一体になっていますが、ビッグツイン系では個別になっています。ハーレーを動かす力をエンジンから各部位へと伝達するパーツでありクラッチをつなぐことでメインシャフトの軸の部分に動力が伝わって、カウンターシャフトへ伝達されます。

メインシャフトにはローギア、トップギアといった歯車があるのですが、この歯車がかみ合うことで回転数の調整をしているのです。特に大きな歯車は回転する時のパワーが強いので鼓動感のある大きなトルクを発生させることができます。ハーレーの心臓がエンジンなら、トランスミッションは関節のような役割をしているのでオイル交換も定期的に行うことをおすすめします。

トランスミッション